足の裏には第二の心臓とも呼ばれています

足の裏には身体の様々なツボが集まっていて、第二の心臓とも呼ばれています。リフレクソロジーという英語はreflex(反射)tology(学)という意味で、足裏を刺激すれば全身に効果が出ると言われています。足の裏は「体の地図帳」とも呼ばれています.

人間の足裏には約60箇所の反射区(つぼ)があり、体が異変を起こすと、その部分に対応する反射区(足裏つぼ)に体の異常が現れるように、足で健康状態をチェックすることができます。

足裏のゴリゴリ感は、身体の老廃物の固まり(尿酸、乳酸)です。この老廃物をほぐして、代謝を促進させることが足つぼマッサージの目的です。

ツボ押しやマッサージで筋肉をほぐすと、筋肉の緊張がほぐれて体の骨格を正しい位置に戻してくれる効果もあると言われています。